法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます

2007年09月05日

日本では環境基準を超える水銀に汚染されたイルカが給食に出されている 法適用の問題点

Media ignoring mercury-tainted dolphin meat: assemblyman | The Japan Times Online

邦題・メディアは水銀に汚染されたイルカ肉を無視している


外国語のニュースでは、日本語メディアが報じないことが扱われているので意外に面白い。

今日の話題は

・メディアは水銀に汚染されたイルカ肉を無視している(日本語訳を読みたい方はポータルサイトの機械翻訳を利用してください)

 メディアだけが無視しているならば、どうでもいいのですが、

 監督官庁までが真剣に取り組んでいないのはいささか問題です。

 環境基準が設定されているのに、環境基準違反を放置している状況は法執行(エンフォースメント)の観点からは由々しき問題です。

 しかも、その理由は漁業者に対する配慮です。

 漁業者に対する経済的利益を守るために不特定多数の(経済的利益よりも重要な利益である)生命・身体を犠牲にしようという姿勢は大きな問題です。

 さらに、水銀に汚染されたイルカ肉がなんと、給食に出されているのです。
 
 子供の生命・身体の安全を第一に考えるべき学校側としては、給食に使われる食材の安全性についての厳しい検査体制くらい整えるべきでする。立法機関の不手際ではすまない問題です。


 第三の水俣病を紀伊半島で起こしたいのでしょうか。

























posted by ニュース解説者 at 06:45| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53992656
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 環境基準環境基準(かんきょうきじゅん)とは、生活環境を保全するための目標であり、環境基本法第16条に基づいて設定されている。*環境基本法第16条第1項:政府は、大気の汚染、水質の汚濁、土壌の汚染及び騒..
Weblog: 環境用語
Tracked: 2007-09-30 07:07
法務博士SNSは、次世代の法曹界を担う新たな法律実務家(弁護士・裁判官・検察官)を目指す法務博士(法科大学院修了生)やロー生が新司法試験や二回試験を突破するために必要な知識や情報、問題をロースクールの枠を超えてやりとりできる招待制ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)です。
 法務博士SNS参加に必要な招待状を、平成20年(2008年)5月末まで特別価格525円で購入できます(平成20年(2008年)6月以降は1050円での販売になります)。
ワンクリックですぐに、招待状を購入できます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。